忍者ブログ
土曜は「虎と月」の通し稽古に関西に帰る予定だったけど、
急遽来週に変更になった。
空いたのをいいことに、犬島へ行った。

船着き場近くの波の見えるベンチに座って本を読みながら、
「今ごろ貧乏ネ申三重公演の初日だなー」と想像した。
台本を渡してしまうともうその場にいないので、ちょっとさびしい。
想像するばかりが仕事なのだな、とかちょっと思ったりした。


IMG_2337.JPG
















この波打ち際で、燐光群「内海のクジラ」を観た。
浜に横たわる大きなクジラの背骨の一片一片が、
ころりと寝転んだたくさんのヒトでできていたのが、胸にきた。
胎内のこどもまたは老人の死体みたいな体勢でつながっている。
背骨。ずっと静かに見ていたい気持ちになった。言葉とか音とか超えて。

目に見えぬ毒ににおかされた骨片。背後の海は美しかった。

たくさんの時代のたくさんのヒトの、横たわる小さくまがった背骨の一片一片のきしみを想像した。

いい時間だった。

終演後、乾杯までいさせていただき、坂手洋二さんと矢内原美邦さんと少しお話しさせていただき、
劇作家としてのお二人と自分との距離の離れ具合を痛感してうつむいた。力と覚悟の距離。遠い。
いや全然そんな話したわけじゃない、他愛もないちょっとした挨拶と会話。私が勝手にうつむいただけ。

三重、いい公演になったようで、よかった。想像して、うれしい。
 
PR
タイガーとムーンを味わう HOME 無情を味わう
プロフィール
HN:
角ひろみ
年齢:
43
HP:
性別:
女性
誕生日:
1974/09/20
自己紹介:
メールはこちら

母 劇作家 演出家

兵庫県尼崎市出身
2006年夏より岡山県岡山市在住

- - -
1995年 芝居屋坂道ストア旗揚げ
関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。
劇場の企画・提携公演や数々の演劇祭などに選出。

1999年  「あくびと風の威力」で第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞
2003年 「裏山。」で第10回OMS戯曲賞 最終選考 
2004年 「木造モルタル式青空」で第11回OMS戯曲賞 最終選考
2005年 芝居屋坂道ストア解散
2007年 「螢の光」で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 「宝島」で第14回AAF戯曲賞 最終選考
2014年 「狭い家の鴨と蛇」で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 「囁谷シルバー男声合唱団」で第59回岸田國士戯曲賞 最終選考
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

2010年~  出産以降、主に劇作のみで活動。
関西・東京・岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

- - -
○主な劇作

「あくびと風の威力」(第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞)
「暮唄と日曜アンファイナル」(伊丹アイホール ハイスクールプロデュース)
「裏山。」(第11回OMS戯曲賞 最終選考)
「木造モルタル式青空」(第12回OMS戯曲賞 最終選考)
「螢の光」(第4回近松門左衛門賞 受賞)
「逃げ水」(岡山アートファーム・静岡SPAC共同製作)
「傘がない」「手がない」(男性一人芝居・連作)
「地中」(KAVCプロデュース)
「貧乏ネ申」(男性二人芝居)
「虎と月」~中島 敦「山月記」から10年後~ 原作/柳広司(ピッコロ劇団)
「宝島」(第14回AAF戯曲賞 最終選考)
「狭い家の鴨と蛇」(方丈記プロジェクト)(第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞)
「囁谷シルバー男声合唱団」(演劇集団円 第59回岸田國士戯曲賞 最終選考)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]