忍者ブログ


今回の赤星マサノリ×坂口修一二人芝居の脚本を担当させていただくにあたり、
落語「貧乏神」に着想を受けた、新たな別のストーリーの現代劇として劇作をさせていただけないでしょうかと、原作者の小佐田定雄さんに私からお手紙を書いて、制作のrighteye 笠原さんを通じてお願いしました。


私は以前から、桂枝雀師匠の落語「貧乏神」が好きでした。
弱さや小ズルさやどうしょうもなさがころりと小部屋の貧しい畳に横たわっているようで。
それらを隣で小さく笑いながら大きく痛む、情けある目があるような感じで。
深い絶望とささやかな光がある気がして。

そこは私の書く現代の「貧乏ネ申」でも忘れないようにと心がけました。

突然の不躾なお願いにも関わらず、広いお心で許可くださった小佐田定雄先生に深く感謝いたします。

- - - - - -

ご許可を頂いて間もなく、岡山で近居している義父の書斎で、山のような本をあさっていたら、
「らくご DE  枝雀」を見つけました。枝雀師匠と小佐田先生が対談されていました。
芸や劇などから一見ほど遠いような、地方のほこりだらけの小部屋にも、「おもろうてかなし」が転がっているのだな、とハッとしました。
PR
7日初日を味わう HOME 文字を味わう
プロフィール
HN:
角ひろみ
年齢:
42
HP:
性別:
女性
誕生日:
1974/09/20
自己紹介:
メールはこちら

母 劇作家 演出家

兵庫県尼崎市出身
2006年夏より岡山県岡山市在住

- - -
1995年 芝居屋坂道ストア旗揚げ
関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。
劇場の企画・提携公演や数々の演劇祭などに選出。

1999年  「あくびと風の威力」で第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞
2003年 「裏山。」で第10回OMS戯曲賞 最終選考 
2004年 「木造モルタル式青空」で第11回OMS戯曲賞 最終選考
2005年 芝居屋坂道ストア解散
2007年 「螢の光」で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 「宝島」で第14回AAF戯曲賞 最終選考
2014年 「狭い家の鴨と蛇」で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 「囁谷シルバー男声合唱団」で第59回岸田國士戯曲賞 最終選考
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

2010年~  出産以降、主に劇作のみで活動。
関西・東京・岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

- - -
○主な劇作

「あくびと風の威力」(第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞)
「暮唄と日曜アンファイナル」(伊丹アイホール ハイスクールプロデュース)
「裏山。」(第11回OMS戯曲賞 最終選考)
「木造モルタル式青空」(第12回OMS戯曲賞 最終選考)
「螢の光」(第4回近松門左衛門賞 受賞)
「逃げ水」(岡山アートファーム・静岡SPAC共同製作)
「傘がない」「手がない」(男性一人芝居・連作)
「地中」(KAVCプロデュース)
「貧乏ネ申」(男性二人芝居)
「虎と月」~中島 敦「山月記」から10年後~ 原作/柳広司(ピッコロ劇団)
「宝島」(第14回AAF戯曲賞 最終選考)
「狭い家の鴨と蛇」(方丈記プロジェクト)(第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞)
「囁谷シルバー男声合唱団」(演劇集団円 第59回岸田國士戯曲賞 最終選考)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]