忍者ブログ
※終了しました。

なんとも奇跡的なタイミングと縁が重なって、
3月、私の新作を上演していただけることになりました。
神戸アートビレッジセンターで開催されてきたプロデューサー講座2011の集大成としての舞台です。

- - - - - - - -  

《神戸の視点》実践!演劇プロデューサーへの道 2011 プロデュース

 
「 地 中 」


kavc_chichu_h1.jpg








   「地中」ブログ。












作/角ひろみ
演出/丸尾丸一郎
劇団鹿殺し

<出演>
山田かつろう(売込隊ビーム)
前渕さなえ(TAKE IT EASY!

宮下絵馬(悪い芝居
西分綾香

大沢秋生(ニュートラル
千田訓子(リリパットアーミーⅡ
岡本拓朗(劇団赤鬼
中村真利亜(TAKE IT EASY!
杉森大祐(売込隊ビーム)

行澤 孝(劇団赤鬼
美津乃あわ

<公演日時>
2012年
3月9日(金) 19:00
3月10日(土) 14:00/18:00★
3月11日(日) 14:00
※開場は開演の20分前。
★印:終演後に脚本の角ひろみと演出の丸尾丸一郎によるトーク&交流サロンをKAVC1階「1room」にて開催します。参加無料。

<会場>
神戸アートビレッジセンター・KAVCホール

<チケット料金>
一般:3,300円 
学生:1,800円
高校生以下:1,000円
◎一般早割:2,800円 2月18日(土)までにお申込みの方
◎ペアチケット:5,600円[2枚セット/前売限定/KAVCのみ取扱]お友達・ご家族と二人でご一緒に。
KAVC倶楽部優待:2,800円[当日入会可/年会費1,000円/KAVCのみ取扱]KAVC倶楽部に新規ご入会・継続の方対象

<チケット取扱>
神戸アートビレッジセンター 電話予約 078-512-5500 / WEB予約 kavc.or.jp/tickets
チケットぴあ【Pコード:417-952】0570-02-9999 t.pia.jp

<お問合せ>
神戸アートビレッジセンター(KAVC)TEL.078-512-5500 kavc.or.jp

企画ナビゲータ:水口美佳(LOTUS)・武内奈緒(劇団赤鬼
プロデュースメンバー:井上裕也 上山幸恵 梅原 恵 國頭郁美 島田真央 藤原政彦 眞澄 瑛 間屋口克 山尾彩子 ヨシキリ・チャトランガ
企画・制作:《神戸の視点》実践!演劇プロデューサーへの道 2011
助成:財団法人地域創造
主催:神戸アートビレッジセンター 指定管理者 大阪ガスビジネスクリエイト株式会社

- - - - - - - -  

3月のこの日に神戸でお芝居を上演することについて、
プロデューサー講座の方々の想いがたくさんつまってます。
そして演出の丸尾丸一郎さんは絶対ぎゅーっと血肉の通った切なるものにしてくれる男です。
おもろいかけがえない作品になる予感です。


プロデューサーの方々から、「脚本を角さんに」とお声をかけていただいたとき、
むねがさわぎました。
私が20代のときに「家か!」というくらいお世話になった劇場ですから。
数年ぶりにまた作品を上演していただけるなんて、格別うれしいです。
そして、丸尾さんともかつて若い頃この劇場で一緒にたっぷりと夏をすごしました。
今や東京や各地で大活躍の先鋭マルオさんですが、当時はまだ現トレードマークのもじゃもじゃパーマ頭じゃなかった。じつにマイルドヘアーだった。
むしろスミさんがもじゃもじゃパーマ頭ばくはつだった。
いやこんなヘアー話どうでもいい。


どんなお話なのでしょうか。
どんな配役なのでしょうか。
どんな稽古が行われているのでしょうか。

そのこたえは地中」ブログへ!
PR
地中終了を味わう HOME 告知です② 審査に挑まれます。 3/6-11 東京 [固定]
プロフィール
HN:
角ひろみ
年齢:
43
HP:
性別:
女性
誕生日:
1974/09/20
自己紹介:
メールはこちら

母 劇作家 演出家

兵庫県尼崎市出身
2006年夏より岡山県岡山市在住

- - -
1995年 芝居屋坂道ストア旗揚げ
関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。
劇場の企画・提携公演や数々の演劇祭などに選出。

1999年  「あくびと風の威力」で第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞
2003年 「裏山。」で第10回OMS戯曲賞 最終選考 
2004年 「木造モルタル式青空」で第11回OMS戯曲賞 最終選考
2005年 芝居屋坂道ストア解散
2007年 「螢の光」で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 「宝島」で第14回AAF戯曲賞 最終選考
2014年 「狭い家の鴨と蛇」で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 「囁谷シルバー男声合唱団」で第59回岸田國士戯曲賞 最終選考
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

2010年~  出産以降、主に劇作のみで活動。
関西・東京・岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

- - -
○主な劇作

「あくびと風の威力」(第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞)
「暮唄と日曜アンファイナル」(伊丹アイホール ハイスクールプロデュース)
「裏山。」(第11回OMS戯曲賞 最終選考)
「木造モルタル式青空」(第12回OMS戯曲賞 最終選考)
「螢の光」(第4回近松門左衛門賞 受賞)
「逃げ水」(岡山アートファーム・静岡SPAC共同製作)
「傘がない」「手がない」(男性一人芝居・連作)
「地中」(KAVCプロデュース)
「貧乏ネ申」(男性二人芝居)
「虎と月」~中島 敦「山月記」から10年後~ 原作/柳広司(ピッコロ劇団)
「宝島」(第14回AAF戯曲賞 最終選考)
「狭い家の鴨と蛇」(方丈記プロジェクト)(第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞)
「囁谷シルバー男声合唱団」(演劇集団円 第59回岸田國士戯曲賞 最終選考)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]