忍者ブログ
shika.jpg












★★★終了しました★★★

劇団鹿殺し
さんが、2011年4月22日(金)~24日(日)

私の台本『あくびと風の威力』を上演してくださいます。東京で。

丸尾丸一郎さんから電話をいただいたのは2月半ばのこと。
「ぼくが昔
OMSで観た『あくびと風の威力』がとても印象に残っていて」
と話し出してくださいました。懐かしいマイルドな口調で。
私にとってはすごく思いがけないことで、すごくすごくうれしかったです。
震災、そして、たくさんの公演も中止になるさなか、
あくびの作品内容のこともあり、どうなるんやろうとひそかに思っていたのですが、

劇団鹿殺しジャージ公演という、
なんとも覇気と茶目っ気あふれる企画がおこなわれるのです!!!

ジャージ姿・素舞台・素照明やってーー!!
おもろいこと考えだすよなあーー!!かっちょええなあーー!!
彼らの勇気と決意と心意気が伝わってくる。
いたみをジャージのポケットにしのばせてあそこに立つ。

劇団鹿殺しの「愛卍情」「あくびと風の威力」
これは絶対こころふるう、ちにくおどる、むねをうつ。そんな舞台になる直感。
だってジャージやもん通気性ええし。


完売必至の小さな劇場だそうです。お早めにをご予約を!

↓以下鹿殺しサイトより転載

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[ジャージ公演とは]
※本公演とは異なり、鹿殺しメンバーが汗組と涙組の二組に分かれ、己の肉体表現のみ(ジャージ)で舞台を作り上げる公演形態。

上演作品は丸尾丸一郎の処女作「愛卍情」、近松賞受賞作家角ひろみの代表作「あくびと風の威力」の二作品(1ステージで1作品を上演)。
チケット発売は2011年3月27日(日)から、劇団鹿殺しサイトで発売開始致します。
本公演とは一線を画す劇団鹿殺しジャージ公演 汗組、涙組、お楽しみに!!



劇団鹿殺し ジャージ公演

汗組『愛卍情 涙組『あくびと風の威力

 


■汗組『愛卍情』メンバー

オレノグラフィティ/山岸門人/橘輝/円山チカ
近藤茶/峰ゆとり

■涙組『あくびと風の威力』メンバー
傳田うに/坂本けこ美/山口加菜
浅野康之/江古田邦子/鷺沼恵美子

■日程

2011年4月22日(金)~24日(日)
22日(金) 17:30~(汗組)/20:00~(涙組)

23日(土) 13:00~(汗組)/16:00~(涙組)/19:00~(汗組)
24日(日) 13:00~(涙組)/16:00~(汗組)/19:00~(涙組)
(受付開始•当日券販売は開演の60分前。開場は30分前より)

★★★終了しました★★★

■会場 阿佐ヶ谷ひつじ座

■料金 1300円 ※全席自由席

■チケット発売日
2011年3月27日(日)10:00~

■提携
阿佐ヶ谷ひつじ座


劇団鹿殺しHP(詳細情報・チケットご予約はコチラから)

PR
GWを味わう HOME 鹿あくびを味わう
プロフィール
HN:
角ひろみ
年齢:
42
HP:
性別:
女性
誕生日:
1974/09/20
自己紹介:
メールはこちら

母 劇作家 演出家

兵庫県尼崎市出身
2006年夏より岡山県岡山市在住

- - -
1995年 芝居屋坂道ストア旗揚げ
関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。
劇場の企画・提携公演や数々の演劇祭などに選出。

1999年  「あくびと風の威力」で第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞
2003年 「裏山。」で第10回OMS戯曲賞 最終選考 
2004年 「木造モルタル式青空」で第11回OMS戯曲賞 最終選考
2005年 芝居屋坂道ストア解散
2007年 「螢の光」で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 「宝島」で第14回AAF戯曲賞 最終選考
2014年 「狭い家の鴨と蛇」で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 「囁谷シルバー男声合唱団」で第59回岸田國士戯曲賞 最終選考
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

2010年~  出産以降、主に劇作のみで活動。
関西・東京・岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

- - -
○主な劇作

「あくびと風の威力」(第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞)
「暮唄と日曜アンファイナル」(伊丹アイホール ハイスクールプロデュース)
「裏山。」(第11回OMS戯曲賞 最終選考)
「木造モルタル式青空」(第12回OMS戯曲賞 最終選考)
「螢の光」(第4回近松門左衛門賞 受賞)
「逃げ水」(岡山アートファーム・静岡SPAC共同製作)
「傘がない」「手がない」(男性一人芝居・連作)
「地中」(KAVCプロデュース)
「貧乏ネ申」(男性二人芝居)
「虎と月」~中島 敦「山月記」から10年後~ 原作/柳広司(ピッコロ劇団)
「宝島」(第14回AAF戯曲賞 最終選考)
「狭い家の鴨と蛇」(方丈記プロジェクト)(第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞)
「囁谷シルバー男声合唱団」(演劇集団円 第59回岸田國士戯曲賞 最終選考)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]