忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、とてもとてもとても素敵なおしごとのお話をいただいて
すごくうれしかったのだけど、お受けできなかった。
長く滞在しないとできないことだったのだ。
「あーー私が岡山じゃなくて未婚で子持ちじゃなかったらー」
とすごく残念に思ったけど、
そのように活動していた当時の私には、このお声はかけていただけなかったようにおもう。
どこに住まいどう生きてどう作ってゆくかを見つめて、なおトップランナーであるあの作家さんと深くかかわるおしごとだったのだ。
拠点と観点と創作について大事に考えられあたためられている企画だったのだ。
うわーーーしてみたかったなあーーーーーー。
ものすごく得難い作品づくりの機会を逃した気がして、
お電話いただいたお昼から今までずっと心から離れないでいる。
が、こういう時こそ私がどこに住まいどう生きてどう作ってゆくか向き合って進んでいかなくてはなと思ったりする。
そうしていれば、いつかあの作家さんともあの企画の方々ともなにかでどこかで巡り会えるような気がしてる。
PR

「方丈記」を読みはじめています。

3月の「地中」の公演時に制作チームの水口美佳さんから、脚本家の木皿泉さんに引き合わせていただきました。
(向田邦子賞を受賞されたドラマ「すいか」で木皿ファンだったんです私!)
木皿泉さんはペンネームで、和泉さんという男性と妻鹿さんという女性で執筆をされているのですが、
妻鹿さんに公演終了後、
「今私、方丈記を読んでるんだけど、「地中」を観て彷彿としたわ」
と言っていただいたのです。
「方丈記に書かれてあることは、まさに今の日本の状況と重なるの」
とも言っておられました。

そのことが強く印象に残っていたのだけど、手を出せずにいた矢先、
全く別の方から、それもお二人、「角さん『方丈記』を読んでみませんか?」
というお声をかけていただき、「これは何としても読もうー」と。

冒頭は高校か中学で習った記憶。
そしてこの冒頭数行、今読むと切実すぎます。

が、読み進めるにあたって「あー私頭悪いなー。。。」とがっくりきているところです。
すごく少しずつなので、なかなかに時間かかりそうです。

深くまで知りたい。
前回書いた「叶うといいなあと思うこと」が
叶うことになりました!
ありがたいなあー
うれしいなあー

別件の台本もひとまず書き上がった!
GW満喫中ー!!

5月に入ったら「貧乏ネ申」を書くー!!

虎の名の含まれた台本の最後の方を書いていますここんとこ。

ずっと最後の方ばかりになかなか時間かかっています。あー。


虎つながりで
ハンバートハンバートの  
台本とは関係ないけど、歌詞はいまの私もこんなかんじーー。笑。。。


佐藤良成の声って味わい深いなあー
というかこのひとのバイオリンもギターもたたずまいもすてきー。
佐野遊穂の声も味わい深いしなあー
この夫婦この父母すてきだなあー

彼らがカバーしてるブラザー軒 しみるなあーーーーー
こんなふうな劇的ーーー 憧れるーーー
こんな感触と語感で劇作できないだろうかと思うーーー 憧れるなあーーー



さ、wordにもどらないとな。
音楽きいてよりみちばかり。




家庭菜園の緑たち、ここ数日の伸びハンパない。

春めいてきた。


観葉植物さえもよく枯らす私だけども、
果たしてスナップえんどうやじゃがいもは結実するのか?

息子がやる気をだしている!
土も種も水もまき散らしてーー。
一家で大ファンのKAPITALへ。
岡山に住んだ理由の大きな一つはここ!
何から何までいやされるー。
子供が大きくなってきたのを実感するー。


生まれる5日前もKAPITAL




まだ歩けないときもKAPITAL




ちょろちょろするようになってKAPITAL




一緒に歩いてKAPITAL





岡山店が家から近いのだけど、
児島のBULE HANDS店が美しくて好き。
日本家屋を改造しててすごくおしゃれ。

Star Wars EP1 3D、今日からはじまった!!!!!!
クワイ=ガン・ジンかっこいいーー。

息子のおかげでうちはずーっとSW祭り!!
ついにライトセーバーを手に入れた。
「よーだからさずかったんだ」と。
じぃじばぁばからなのに。



「これはるーくすかいうぉーかーのいろじゃろー」




「これはだーすべーだーのいろじゃろー。
だーすもーるもじゃろー」


だそうな。こだわりやね。
近頃のんはLEDで限りなく本物っぽい色ね。
先週の私の演劇中、泣きながらお留守番を頑張ったじぇだいないと。
ごめんね。
ごほうびもらってよかったね。

May the Forse be with you!!!



あー
私の生活、日中はSWSWまたSW。
夜中は台本台本また台本。
売れっ子でもないのに!





ああそうです。
今回、プロデューサー講座の方々の発案で
「地中」の台本を作成してくださり、公演会場で販売いただいてます。
他作で賞を頂いての刊行以外では、
私、これまで控えてきました。買ってくれる人いてはるんやろかという小心で。
なので、今回初めての台本販売です。


昨日ご購入くださった方々、本当にありがとうございました。
買ってくださる方がいるなんてああもうなんというかーー感激です。


今日明日も販売していただきます。
もしよろしければ地中の設計図を味わってみてください。



フライヤーデザインの京さんと昨日お会いできて、初日乾杯までの夜道で
「台本、余白のある世界で私好きです」と言っていただいたこと、うれしかったなあー。

昨日は秋の打ち合わせ。
台本を気に入ってもらえてうれしい。
今年はどれも全然違うテイスト。

また別で夏(なのかな?)台本を担当させていただく作品の仮チラシも「地中」に入ると思います。
これが今年の中では一番ここんとこの私っぽい作風かもしれないです。敗者なかんじで。
まだ書きはじめてないから何とも言えませんけども。
4月から書く!


なんかたいして何もしてないくせに演劇のことばっかりしてる気になって、
今日は息抜き。
本多真理の家に突如おじゃまして、ちびたちにまみれてきた。
ちびたちは元気のかたまりで、ジュースを豪快にまき散らしたり
ドーナツを食い散らかしたり、家具にのぼったりしながら、
奔放で何のおそれもなく世界を切り拓いていて、いやされた。あこがれた。
坂道ストアに入ったころはまだ高2だった真理もすっかりアラサーでしっかり2児のママ。
そして今となっては私は彼女に相談したり甘えたりしながら頼っています。
ほかのメンバーにも毎回帰るたび力になってもらってるー。
ありがとうねえーーー。
地中ブログで宮下絵馬選手が
チーム地中の印象を
「攻めてるチームだ」と言ってる。
あーーそれだ!
昨日の通しを見て「うわっ勇気あるなー」という印象を持ったのはだからかー。

攻めてるなあー。
横浜で、私にとって(だけ!)超運命的な出会いがあった!!!

俳優の笠兼三さんです。

1.jpg

















服のテイストかぶってるわあーやったあー。

少し早く着いた劇場ロビーでちょっとぽっかりしていた私は
この方のものごしや空気感やたたずまいにいわれようもなく惹かれました。

このいわれようもなく惹かれるかんじは、
まだ私が中学高校ぐらいの時に出会ったあのお方とそっくりです。
理想の男性なんです。大ファンなんです。写真集まで持っています。




つい最近も私がどんなにこの方を好きか岡山で話したとこだったんです。

ああ
世紀の巡り会いです。
私の超絶一方通行ですが。
トランス状態だったと柏木さんのブログに書かれてました。てへ。
ほんとに自分を見失っていました。痛すぎです私。
きっと笠さんひいてたでしょう。

浮かれてすみません。
また秋お会いできるかなー。できるのかなー。

 
もうなんか混乱してしまったので
こんな明け方に「ライフアクアティック」のDVDをイン!
この映画もうーなにからなにまで心底好きなのだ!!
力わくーーーーーー。

見終わったら朝ごはんを作ろう!。
わお!
永久凍土から花!!!

3万2000年前にリスが地中に埋めた実から!?
うわー3万2000年前て!?

永久凍土とか最終氷期最寒冷期とか
なんか強烈なワードよね。
ちょっと空想してしまう。
完新世のいまがゆらぐ。



でもきっとそういうことなんだろうな。人も。
はるか昔に残された。一粒。
子を叱るやなんやささいなことで戸惑う一方、
今書いているものでは、
少年が縄ぐるぐる巻きで大木から吊り下げられている最中だよ。
(小説の原作があるのだけど。)
母でないときはなかなかのバイオレンス具合だったりするよね。
j1.jpg


















子供を叱るとあとがかなしい。

子の方が先に「よしよし、まま」と母の頬をなでた。
母の心が見えているのか、子はいつもそうする。
指が小さくて白くて他の何とも例えようがないふわりとやわらかななでられ心地。
心臓を直接なでられている気分がする。
叱った自分がどうしようもなくなってしまう。
母が先に「よしよし」してあげなければならなかったな。

べたべたばかりしていられないけど、叱るのは苦しい。
世のお母さんがどうやって上手に叱るのか、または上手に言い聞かせるのか、
ほんと学びたい。
子供に育てられる日々。



そのあと二人で仲直りの共同作業。
たくさんの豚肉をがりがりプロセッサーにかけて、
たくさんの野菜を切って、たくさんのぎょうざを包んで食べた。
旦那さんは毎日遅くまでお仕事なので
二人でちょこんと夕食を食べる。
日がくれるとへやがひろい。

「地中」ブログ
が設けられています!

稽古場の様子や情報がこまやかに日々更新されています!

おー、全員にゼッケンが!?
数日前に稽古場へお邪魔した感じでは、
全体的に動きがかなり多そう。だからゼッケンなのか!?アスリートか!?



これまで私の脳内では暗い暗い地味地味ーな世界で展開されていた地中が、
あんなに広がりを持って日の目を浴びるなんて!
演出の丸尾さんも俳優のみなさんもパァッとはなやかな空気を持った方ばかりですので、
明るい光を持って立ち上がってきそうな予感です。

盛り沢山な数日です。
「びんぼう君」の翌日は劇団鹿殺し「青春漂流記」。
今日は好物のおそばを食べた。
KAVCで映画「アンダーグラウンド」を観てラストで号泣。
「地中」の稽古に参加してフルメンバーでの本読み。そして飲み。
いろいろありがたい。言いつくせない。
たくさんの人に出会えたり再会できたり。
明日は「地中」の記者発表。
もうひとつ別件で発表待ち。祈。
明後日はいつもありがとう坂道ストアつながり集会。

夜中や朝は2月末第一稿の台本に取り組んでいます。
おぉー結構間際ー。

おー。
銀河も食べるのかー。
より小型の銀河を食べる銀河
天文学者の名がアーロン・ロマノウスキー氏ってのもなんかいい語感ねー。
そういやQueenのブライアン・メイも意外に天文学者なんよねー。何年か前宇宙の本出してたよねー。

アトリエ劇研、どうやっていくんやったっけ。。困。
HPとか見てもまったく地理を思い出せない。切実。
私の脳の記憶媒体の劣化ときたら。

五反田団「びんぼう君」見たいなあ。たどりつけるかなあ。。
こんなときお友達がたくさんいると誘って行けるのに。泣。

貧乏つながりなタイトルの作品にたずさわります。脚本で。
夏の終わりから冬のはじめぐらいあたりに上演でしょうか。

- - - - - -


ああそう
昨日の山陽新聞夕刊、カラーで大きく私の劇作に関する記事を載せていただきました。
まだ私見れてないけど、記事を見た方々から連絡をいただきました。
関西に行ってました。
「地中」のフライヤーを手にできました。
おそろしくて美しい。
しかも一見シンプルで普遍。
なのに倒錯の裂け目が透けて見えるような。
すごいデザイン
タイトルロゴとか文字のレイアウトとか美しいなあー。
紙の質感も薄みもー。

うれしいなあー。
幸せだなあー。
これまで自分が関わった作品で一番好きなフライヤーかもー。


また上にも載せますねー。


ちょっとばたばた。

二日関西にいる予定だったけど
出がけの電車で急遽交通事故の連絡が入って、数時間で即効帰った。
今日は遠くへお見舞いにでかけた。
痛々しくてかなしかった。
横寝の窓に大きな川が流れていた。
早くよくなってほしい。


1500字の文が取り急ぎの締めきりまぎわ。
書くのおそくて困るうーー。
こぐまがにひきうちにいる。

f025cb45.jpg












私のカミサマ坂本慎太郎さま
ずっと待っていました「幻とのつきあい方」聴いていますなう。
音もことばもぜんぶしみこんでとけこんでしまいそうです。あーー。

出てすぐ買っていたのにあんまり聴きこめていないよ。
音楽をかけようとすると瞬時に息子にスターウォーズに変えられてしまうー。

で、彼は今さっき寝言で「はりそんふぉーどじゃない!!」
とうったえておりましたが何だろう。


台本をすすめています。
その時間だけどこか別の国にいる。



出遅れました。

あけましておめでとうございます。
あなたの日々が
わたしの日々も
和やかでありますよう。
あたたかく暮らせますよう。

まる。
maru.jpg












今年はたくさん上演のお話をいただいています。
うれしいです。

新作、私にとってはぎりぎりいっぱいあります。
初めての本数です。
がんばって書きます。

いや、がんばらない。
地に足つけてとりくみます。基本ふわふわしがちなもんで。
子育てと生活と劇作。

12115711.jpg
















ていねいに暮らそう。

カップヌードルCMのヨーダの目、泣けるなー。
かっこいいなーヨーダ。力わいちゃうなー。
そしてBGMをSWのテーマにしなかった演出もにくいよね。
最初みたとき「もっと他にええ曲なかったんかい」っておもったけど、
「日本のみなさん」で、甲本ヒロトの声であの曲だからグッとくるのだろうなと今はおもう。

いや私SWたいしてファンじゃなかったのに。
息子が毎日SWばっかり見ていて、
サントラも家でも車でも一日中聴かされているし、息子の鼻歌までSWだし、
とにかくSW漬けなので
私も毒されてきたのかもしれない。

世界中の誰よりきっと一日でSWテーマ聴く回数が多いとおもう。
SWミュージアム(あるのか?)の職員より多いとおもうよ。


日本の文化は奥が深いですな。

お飾りを作ってみようと思い立って、今やっています。
お作法とか全然知らなくて、ネットで調べまくったよー。
あれが右とかこれが左とかいろいろ決まってるのねー。
折り型と水引をつくるの、すごいむずかしーー。
水引を結ぶだけに2時間ぐらいかかってるーー。
4時に始めたんだけどもう夜が明ける。

大みそかはおせちをつくろうと思っているのだけど、なんの準備もしてない。
どうなることやら。

あと2時間くらいで瀬戸大橋を渡ります。
メリークリスマスでした。
ごちそうやケーキつくったりしてクリスマス会はしたけど、
わがやにはサンタさんまだきていません。

まだ息子はサンタさんとかプレゼントもらえる日とかわかってないので、
このままスルーしてもよいー?
サンタも悩ましいよ。。。
与えすぎている気がして。かんがえてしまう。

いやほしいものはわかってるのだ。
とにっかくっっスターウォーズに熱狂していて、
毎日「らいとせーばーがいるんじゃけどー みどりのやちゅー」
と言うていて、寝言でも言うほどなので、まーライトセーバーなんだろう。ルークの。
でもあれを手に入れたらそこらじゅうたたかってまわって痛い目みるよなーー斬られるのは私だなーー買いたくないなーー。。。

とはいえ今日も探して奔走したけど、トイザラスにライトセーバー売ってない!
というかそこらじゅうSW関連全然売ってない!
ネット入手してまで!?。。。うーん。。。


rego1.jpg













↑毎日つくらされているレゴ
そしてきっと私レゴの才能ある気がするー。すらすら手がうごいてしまうー。 
年賀状でおしせまり、夜明かし。
ノープランではじめたので時間食うー。
クオリティひっくいくせにー。
そして間に合いそうにないー。
年賀状とか前もってととのえておけるタイプの人間に生まれ変わりたい来年は。
と毎年おもうとしのせ。


がしかし、15日発売の新型GOPANは前もって予約しておいたのだ。
で、でかい。。。
キッチン背面がマシンの要塞みたいになってもうた。

gopan.jpg








が、いい具合に米パン焼けるー。こんな私でもー。

52f3887a.jpg













年末はこいつでもちでもついてみるかねぇー。
↑ベラ口調
プロフィール
HN:
角ひろみ
年齢:
45
HP:
性別:
女性
誕生日:
1974/09/20
自己紹介:
メールはこちら

母 劇作家 演出家

兵庫県尼崎市出身
2006年夏より岡山県岡山市在住

- - -
1995年 芝居屋坂道ストア旗揚げ
関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。
劇場の企画・提携公演や数々の演劇祭などに選出。

1999年  「あくびと風の威力」で第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞
2003年 「裏山。」で第10回OMS戯曲賞 最終選考 
2004年 「木造モルタル式青空」で第11回OMS戯曲賞 最終選考
2005年 芝居屋坂道ストア解散
2007年 「螢の光」で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 「宝島」で第14回AAF戯曲賞 最終選考
2014年 「狭い家の鴨と蛇」で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 「囁谷シルバー男声合唱団」で第59回岸田國士戯曲賞 最終選考
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

2010年~  出産以降、主に劇作のみで活動。
関西・東京・岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

- - -
○主な劇作

「あくびと風の威力」(第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞)
「暮唄と日曜アンファイナル」(伊丹アイホール ハイスクールプロデュース)
「裏山。」(第11回OMS戯曲賞 最終選考)
「木造モルタル式青空」(第12回OMS戯曲賞 最終選考)
「螢の光」(第4回近松門左衛門賞 受賞)
「逃げ水」(岡山アートファーム・静岡SPAC共同製作)
「傘がない」「手がない」(男性一人芝居・連作)
「地中」(KAVCプロデュース)
「貧乏ネ申」(男性二人芝居)
「虎と月」~中島 敦「山月記」から10年後~ 原作/柳広司(ピッコロ劇団)
「宝島」(第14回AAF戯曲賞 最終選考)
「狭い家の鴨と蛇」(方丈記プロジェクト)(第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞)
「囁谷シルバー男声合唱団」(演劇集団円 第59回岸田國士戯曲賞 最終選考)
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]