忍者ブログ
鹿殺し観に東京行きたいなー。
なのにあの週だけやたら予定満載。
ふだんは朝から息子とプラプラ散歩ばっかりしているくせに。
因果やわー。
行けるのか東京。あー。
会いたい人たくさんいるなー。
それだけでおなかいっぱいなるなー。東京。


明かされたくないだろうが明かしてしまうと、
旦那さんはものまね番組やたら好きなので、
すこし前、親切心で録画しておいてあげたんやけど。
連日深夜帰宅なもんで、そこから小分け小分けにして
見てはったんやけども、え、いつまで!?ってくらい延々と見てた毎夜更け。
何時間あんねーん!!
と思ってたら4時間もありやがった!
こっちは全然興味ないんでやんわり拷問やったわけ。
でも、大好きな椿鬼奴さんの桃井かおりネタがあって、そこだけ強烈に最強に幸せだったああーーーわたしいいいーーーー!!!!
なので、チャラにしとくよ!!!!

ついでに明かすけども、
私が陣痛来て痛い痛い言うて苦しんでるときも、
旦那さんは同シリーズのものまね番組見ながらえらいのんきに笑ってた。
一応皿洗いとかもしてくれてたけど、「皿洗いながらそんな見たいか!?」
ってくらいちょいちょいものまね見ながら声あげて笑っていた。
なんかそんな笑いな空気の中、こっちが痛い痛い言うのもサムいし、気がひけるので、
「待て待てそんなおもろいか!?」と突っ込みたい気持ちをこらえ、
「・・・あのーやっぱし痛いみたいなんですけどー・・・今いいでしょうかー…」的な最小限におさえにおさえたふるまいで、風呂洗ったりなんかしてぎりっぎりのぎりっぎりまで耐えてきりぬけた。
これがかなりの偉業であることは、出産経験のおありの方ならおわかりでしょう。
結果、産院に着いたころには「もうお産8割終わってますよー」言われたし。
ほんで「俺のアシストと采配が良かったからじゃがー」などと今だに言うてるし。

ありがたい旦那でとても助かってる。
これマジ本心。

しかも分娩室でさえも助産師さんに「ものまね番組のTV付けてほしいんですが」的な要求までさしはさんでいたが、
まーチャラにしとくよ・・・。

しょーもなくとも笑って更けるささいな夜のほうがええよねー。

うちのしょーもないことを長々書いたけど、要は
鬼奴さんの桃井ネタで超幸せになった★★★ということが一番言いたいわけーー。
それだけーー。
PR
鹿を味わえないーー HOME 花を味わう
プロフィール
HN:
角ひろみ
年齢:
42
HP:
性別:
女性
誕生日:
1974/09/20
自己紹介:
メールはこちら

母 劇作家 演出家

兵庫県尼崎市出身
2006年夏より岡山県岡山市在住

- - -
1995年 芝居屋坂道ストア旗揚げ
関西を中心に東京公演なども行いつつ活動。
劇場の企画・提携公演や数々の演劇祭などに選出。

1999年  「あくびと風の威力」で第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞
2003年 「裏山。」で第10回OMS戯曲賞 最終選考 
2004年 「木造モルタル式青空」で第11回OMS戯曲賞 最終選考
2005年 芝居屋坂道ストア解散
2007年 「螢の光」で第4回近松門左衛門賞 受賞
2014年 「宝島」で第14回AAF戯曲賞 最終選考
2014年 「狭い家の鴨と蛇」で第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞
2014年 「囁谷シルバー男声合唱団」で第59回岸田國士戯曲賞 最終選考
2015年 第16回岡山芸術文化賞 準グランプリ 受賞

2010年~  出産以降、主に劇作のみで活動。
関西・東京・岡山などの多くのカンパニーに台本を書き下ろしている。

- - -
○主な劇作

「あくびと風の威力」(第4回劇作家協会新人戯曲賞佳作・北海道知事賞 受賞)
「暮唄と日曜アンファイナル」(伊丹アイホール ハイスクールプロデュース)
「裏山。」(第11回OMS戯曲賞 最終選考)
「木造モルタル式青空」(第12回OMS戯曲賞 最終選考)
「螢の光」(第4回近松門左衛門賞 受賞)
「逃げ水」(岡山アートファーム・静岡SPAC共同製作)
「傘がない」「手がない」(男性一人芝居・連作)
「地中」(KAVCプロデュース)
「貧乏ネ申」(男性二人芝居)
「虎と月」~中島 敦「山月記」から10年後~ 原作/柳広司(ピッコロ劇団)
「宝島」(第14回AAF戯曲賞 最終選考)
「狭い家の鴨と蛇」(方丈記プロジェクト)(第20回劇作家協会新人戯曲賞 受賞)
「囁谷シルバー男声合唱団」(演劇集団円 第59回岸田國士戯曲賞 最終選考)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]